2018/05/01(火)ubuntu 18.04 インストール(6) apache, php

ローカルにwebサーバが立ってると何かと便利なので、apacheを入れます。素のapacheと違ってhttpd.confが細分化されていて、debianの作法に従って設定する必要があって知らないと難しいです。
sudo apt install apache2
いくつかのモジュールを有効化します。
sudo a2enmod userdir
sudo a2enmod include
sudo a2enmod cgid
sudo systemctl restart apache2
これらは、実際には/etc/apache2/mods-availableにあるファイルから/etc/apache2/mods-enabledへリンクを張っていて、mods-enabled以下のファイルが設定に読み込まれるという仕組みです。

次に、自分のよく使う設定をしていきます。public_htmlの有効化とcgiの有効化です。デフォルトで使われている設定ファイルは/etc/apache2/sites-available/000-default.confですが、これをを適当な名前 (custom.confとした) でコピーして設定することにします。
<IfModule mod_userdir.c>
        UserDir public_html
        UserDir disabled root
        <Directory /home/*/public_html>
               (ここは各自違うと思う)
        </Directory>
</IfModule>

<IfModule mod_mime.c>
AddHandler cgi-script .cgi
</IfModule>
を(<VirtualHost *:80> </VirtualHost>の中に)加えます。

public_html以下の設定は、ユーザを最大限信用するなら、例えば、
                AllowOverride All
                Options All
                Order allow,deny
                Allow from all
のような感じでしょうか。
sudo a2dissite 000-default
sudo a2ensite custom
sudo systemctl restart apache2
で、000-defaultを無効化し、customを有効化します。

さらに、自分の好みで、public_html以下に置いたcgiはそのディレクトリのユーザの権限で動くようにする、suexecを設定します。
sudo apt install apache2-suexec-custom
/etc/apache2/suexec/www-data の2行目を、public_html/cgi-bin → public_html に。
sudo a2enmod suexec
sudo systemctl restart apache2
次にphpの設定。7.2になりました。
sudo apt install php
sudo apt install libapache2-mod-php
/etc/apache2/mods-available/php7.0.conf で、php_admin_value engine Off をコメントアウト
  (ユーザのpublic_html以下でphpを使えるようにする。)
sudo systemctl restart apache2
動作確認は、ホームに public_html/phpinfo.php を
<?php
  phpinfo();
?>
の内容で作成してブラウザでアクセスしてみると分かるでしょう。

最後に、logrotateの設定を。/var/log/apache2 以下のlogが、デフォルトだと14日しか保存されないので直します。/etc/logrotate.d/apache2 の中の、
daily
rotate 14
という行を、
monthly
rotate 120
とし、10年間はもつようにしました。
OK キャンセル 確認 その他